GNO2 ぬけがけ宙軍兵学校

オンラインゲーム「GNO2」の初心者向け解説ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3)壁の必須スキルと育成

= 壁の基本育成方針 =
 壁は敵の全ての攻撃を引きつけて射に攻撃が行かないようにするのが役割ですが、攻撃を喰らっていては話になりません。
「当たらなければどうということはない。」を実践する必要があります。その為に色々な設定・育成を行います。

= 壁の基本設定 =
20070101184808.jpg 「編成」→「戦術」画面を確認します。

戦術画面の感じが違う場合は左下の「通常」のボタンが押されてグレーになっているかを確認して下さい。
第1章でも書きましたが、自動設定は用いず、手動で設定します。

上の画面を確認して下さい。
・戦術画面のパイロットコマンドで「全力防御」にする。
・戦術画面の個人戦術で「距離1(もしくは距離2)攻撃」にする。
・ステは「防御」と「反応」をほぼ同値になるように上げていく。(サンプル画面では、攻撃26:防御49:反応48になっていることが確認できる。)
・先制:戦術の章で述べますが、敵より先に動けることが基本となりますので適宜上げて行くようにします。必ずしも9まで上げる必要はなく、筆者の場合は終戦時点でも6~8です。

以上4つが壁の基本設定となります。

= 格闘か射撃か =
 さて、次は重要な項目です。「格闘特化」を取るか「射撃特化」をとるかですね。
初心者の方へのお奨めはズバリ、格闘2名、射撃1名です。
なお、格闘特化を取ったパイには必ず「対空格闘」のスキルを取るようにして下さい。これがないと空飛ぶ敵に格闘攻撃を当てることはできません。
また格闘壁の場合、飛び道具(多くの場合は武器2)を「装備を外す」にして回避値を上げるようにします。(出来ないMSもあります。)
射撃特化を持つ壁を「射壁」などと言います。次項で説明する射撃専門の「射」とは役割が異なりますので混同しないように気をつけてください。

= 気力かNTか =
 これもかなり重要です。こちらもズバリ、「格闘には気力、射撃にはNT」がいいでしょう。
2クール目からは色々と試してみて下さい。
ちなみに隊長は「気力格闘壁」がお奨めです。後半は隊長を低壁(後述)とすることが望ましく、低壁はその役割からしぶとく生き残る必要があるので「気力」がよいと考えます。

= その他の壁用スキル =
いずれも中盤あたりから取得していけばよいかと思います。
・個人戦術:最低1つとれば良いでしょう。壁は2~3でも良いかも知れません。
 筆者の場合、時期によりますが壁には3~4取ることが多いです。
・盾防御:これは盾持ちのMSに多く乗る場合には必須だと考えてもいいでしょう。これがないと盾持っていてもただの飾りになります。あえて取らない人もいます。盾スキルを持っていないか低い時は「盾を外す」にして若干でも「回避」値を上げた方がいいです。
・視界強化:中盤辺りから徐々に上げて行きましょう。なるべく9まで上げたいところです。
・ZOC強化:こちらも中盤以降上げて行きます。2程度でいいかと思われます。
・すり抜け:同様に2程度まで上げましょう。
・格闘攻撃:格闘特化を取ったら適宜上げて行きます。
・切り払い:格闘特化を取ったら上げていきましょう。
・○距離射撃:射撃壁の場合近距離のみか、取っても中距離までで十分です。
・得意距離:格闘壁だと1が基本です。射撃壁は1~2です。
・地形補正:水辺戦闘~重力宙域戦、これは任意ですね。取るにしても後半でよいでしょう。筆者はほとんど取りません。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 16:55:27|
  2. 第3章 部隊編成

プロフィール

パグー・シャズ

Author:パグー・シャズ
ルナツー・ジオン軍「新党ぬけがけ」所属
新兵教練を目的としたブログです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。