GNO2 ぬけがけ宙軍兵学校

オンラインゲーム「GNO2」の初心者向け解説ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2)基本となる対策方法

では具体的にどう対策すればいいのでしょうか?
1)「近MS」狙いへの対策
 敵の索敵範囲は無視するとして(分からないし)、近MSは近くのMSを狙って来るわけですから壁をより敵に近い位置、前に出せばいいのです。でもそれだけでいいでしょうか?
こちらの戦術によっては入り乱れてしまい、射が前に出てしまうことがよくあります。そうなったら防御を一切考えていない射はあっという間に落とされてしまいます。
壁は敵にべったりと張り付いて敵からの「近MS」狙いを引きつけます。そうするには「攻撃距離」を1~2に設定すればいいのです。
但し、壁が格闘の場合は攻撃距離2の武器はほとんどありません。筆者の知る限りはガンダム系のハンマーとグフ系のヒートロッドぐらいでしょうか。他にもあるかも知れませんが、まぁ俺Tueeeeee!と思えるようになるまでは「格闘攻撃は距離1で」と思って差し支えないでしょう。距離1にすることで敵に接触した形で戦闘を続けられ、近狙いを壁に集中させやすくなります。
射壁は距離1~2とします。距離3以上にしてしまうと・・・分かりますよね?w
2)「低HP」狙いへの対策
 部隊編成のところで「高壁と低壁」を解説しましたね。この「低壁」が低狙いへの対策となります。自部隊編成の中で最も低HPの機体に壁パイを乗せて低壁とする。でしたよね。
戦闘開始直後、敵の低狙いが狙いにくるのはHPの一番低い低壁となります。また、HPが低いということは一撃喰らうと速攻で落とされてしまう危険もあります。よって「攻撃を引きつけるが当たらない」ことが大切となるので回避値の高い機体に乗ることが大切です。また、回避↑の改造を施すなど、可能な限り回避を上げるようにします。
3)「高HP」狙いへの対策
 まんま低狙い対策の反対となります。しかし、「HPが高いから少々当たっても落ちないや」ってのはダメです。
攻撃を当てられると言うことはHPを削られることですよね。その結果射よりもHPが下がると当然敵の高狙いは射を狙いに行きます。よって高壁も回避値が大切となりますので低壁同様機体選びと回避↑改造を忘れないようにしましょう。
4)「強MS」狙いへの対策
 実は筆者はこれをあまり意識しません。多くの場合、高壁=搭載値が最も大きい機体となるので意識しなくてもカバーされるからです。ただ例外もありますので、「やたらと特定の射が落とされる場合には思い出してチェックしてみる」程度でよいかと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/24(日) 18:40:56|
  2. 第4章 編成理論

プロフィール

パグー・シャズ

Author:パグー・シャズ
ルナツー・ジオン軍「新党ぬけがけ」所属
新兵教練を目的としたブログです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。