GNO2 ぬけがけ宙軍兵学校

オンラインゲーム「GNO2」の初心者向け解説ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1)後壁について

 後方遅延ができれば一般任務と一部の特殊任務に対応できるようになりますが、特殊任務を行うにはもう一つ「後壁」が出来るようになる必要があります。
ざっくりとした配置は次の通り。
20070105181547.jpg

但しこれはあくまで例であり、この通り配置することは多分ないです。w
配置は任務や支援者1人目か2人目かで変わることもありますので臨機応変に対応しなければなりません。この辺りは経験になりますね。
簡単に説明すると、1のパイが「後壁」となります。
文字通り後ろを守る壁です。前の4機についてはこの例では2壁2射となりますが、やはり任務や時期によって1壁3射になる場合もありますし、後ろに2枚壁をおくこともあります。
後ろに壁を置く理由は、敵部隊に挟まれた形で戦闘をする際に、後ろからの攻撃から射を守る為です。
これまでに説明した通り、「壁の後ろに射」を配置するのが基本であり、射は防御については考慮していません。
そこを挟撃されたら射はあっという間に落とされ、壁も前後から囲まれてしまう形になれば踏みとどまることが出来ても敵を殲滅することは出来なくなります。
そこで後ろに壁を配置し、後顧の憂いをなくす必要があるのです。

 後壁の設定は遅延の有無で2つに分けることが出来ます。
= 遅延ありの後壁 =
 難Aの敵艦隊強襲と敵中降下、及びほとんどの難S特殊任務については後壁に部隊遅延をかける必要があります。
(難Sの競合任務は基本的に増援は来ないので後壁ナシで大丈夫ですが、いくつかの例外があったかも知れません。)
理由は「2T目に敵の増援が来るから」です。
増援はマップの右上か左下のどちらかよりランダムで来ます。
一般任務の様に3対3で横並びに対峙するような配置なら左翼だけ後壁が必要です。拠点構築阻止など、支援者が左下と右上に配置されるものは支援者は両方とも後壁が必要です。
難A以上の敵艦隊強襲では立て主が後壁配置をします。
 また、これらの後壁を配置するときは必ず後壁のパイに「部隊遅延」をかけます。なぜなら増援が来るのは2T目なので、部隊遅延をかけておかないと1T目に動き出して前の部隊へ突撃してしまって後壁の役割を果たせなくなるからです。
また、増援との距離が遠い場合があるので個人遅延(※この章で後述)と部隊遅延で2重に遅延をかけなければならない任務もあります。
なお、難S輸送部隊護衛など一部の任務では立て主さん判断で後壁を置かない場合があります。立て主さんの指示があれば従いましょう。

= 遅延なしの後壁 =
 難A輸送部隊襲撃(だったハズw)や一部の難S任務では遅延をかけずに後壁を置いて編成します。
簡単な見分け方は戦闘前に表示される部隊配置図で「開始時点で既に自部隊の前後に敵がいる」場合は遅延をかけないと思えばいいでしょう。先制パンチをお見舞いすべし。w
20070111135052.jpg 難S補給基地襲撃
これは後壁遅延なしの例です。S任の場合2T目に敵増援が来るので、時期や編成するMS等によっては後壁を2枚にすることもあります。

= 高等戦略(と言うほどのものでもないけど) =
 後壁を置く際、任務によってMSを使い分けるとよいでしょう。
襲撃系の任務の場合は、基地や輸送艦などを落とすことに集中しなければならないので後壁は高壁(絶対落ちない自信があれば低壁でも可)にします。
後壁が落ちたらぐちゃぐちゃになりますからね。
 一方、殲滅系の任務の場合、後壁がマップの端で死守していた場合、近くの敵を殲滅した後でマップの端まで飛んでいかなければなりません。こういう場合は弱めの低壁にして、5~6Tで落ちるように仕込み、任務時間の短縮を図ることがあります。
また、距離2の射壁を後壁として、敵増援をじわじわとマップ中央に引っ張ってくる作戦もあります。
 いずれにせよ野良任務の場合は特に、立て主さんに断ってから行うとよいでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/22(金) 20:27:27|
  2. 第6章 基本戦術2

プロフィール

パグー・シャズ

Author:パグー・シャズ
ルナツー・ジオン軍「新党ぬけがけ」所属
新兵教練を目的としたブログです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。